着床前診断について知ろう!

そもそも着床前診断とは?

「着床前診断」とは、まだ日本でも馴染みある診断ではないので、初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。妊活時の体外受精において、受精卵の染色体に異常がないかどうかを、事前に検査することが着床前診断です。
自然妊娠でもそうでなくても、妊娠初期の段階の流産の原因は、受精卵の染色体の異常とされています。受精卵の染色体に異常があれば、その後の妊娠が継続することが困難になり、妊娠を継続しても胎児が生き延びることが難しいために「流産」という形で自然淘汰されてしまうのです。
そのため、流産を防ぐためにも、受精卵を女性の子宮内に戻す前に、染色体の異常がないかをあらかじめ診断し、染色体が正常な受精卵のみを子宮内に戻すということです。

着床前診断ってどうやってするの?

着床前診断の仕方は、受精卵から細胞を取り出し、染色体を診断します。そのため体外受精であること。そのうえ、受精卵をしっかり作っておく必要があるため、卵子に直接精子を注入する「顕微授精」であることが条件になります。
着床前診断のメリットは、受精卵の段階で染色体の異常を調べるために、出生前診断と違い、母体や胎児への影響がないことです。そして、あらかじめ染色体の異常を着床前の段階で知ることによって、中絶を選択することが少なくなることです。
しかしながら、日本では生まれてくるべき命の選別ではないかと、着床前診断はまだまだ賛否両論です。そのため、着床前診断を受けられる条件も決められているのです。妊娠、出産は奇跡的なことなので、着床前診断についてきちんと理解を深めておきたいですね。

© Copyright Knowledge Pregnancy. All Rights Reserved.